薄毛 対策

今日からできる薄毛対策

女性の薄毛対策は様々ありますが、今日からできる対策として

 

生活習慣を見直す

育毛シャンプーを使う

育毛剤を使用する

医療機関を受診する

 

といった方法が挙げられます。

 

育毛シャンプーを使う

P

今使っているシャンプーが高級アルコール系シャンプーだった場合、アミノ酸系シャンプーに切り替えることをオススメします。

 

高級アルコール系シャンプーはお手頃な価格で泡立ちもよく、市販で簡単に手に入るシャンプーです。

 

P

しかしこれらのシャンプーは洗浄成分が強く、必要な皮脂までも取り去り頭皮が乾燥状態になってしまう可能性があります。

 

地肌が乾燥すると皮脂が過剰に分泌され、皮脂が毛穴につまり地肌を育毛に悪い環境にしてしまう恐れがあります。

 

アミノ酸系シャンプーは弱酸性で頭皮への刺激や負担が少ないシャンプーです。

 

健康な髪の毛が育つための土壌を育てるために、この育毛シャンプーは最適です。

 

育毛剤を使う

育毛剤と聞くと中年の世代が使うイメージがありますが、今では10代や20代の方でも育毛剤を使用しています。

 

それだけ薄毛に悩む女性が増えているという背景と、今から頭皮ケアをして10年後、20年後も健康な髪の毛を維持していたいという薄毛・抜け毛予防として使用されている方もいます。

 

薄くなってから使用するのではなく、薄毛予防としても使う方が徐々に増えつつあるのです。

 

育毛剤を使用するとハリやコシが戻り髪の毛1本1本が健康的な髪の毛に戻ります。また髪の毛の元となる毛母細胞を直接太くする成分が配合されているため、発毛促進効果を期待できます。

 

シャンプーは健康的な髪の毛が生えやすい状態を整えるものに対し、育毛剤は髪の毛に直接作用し太く、ハリのある髪の毛へと育てます。

 

生活習慣を見直す

若い方で薄毛や抜け毛に悩まされている場合、ほとんどが頭皮環境の悪化やホルモンバランスの乱れが関与しています。

 

ストレスを感じると血管が収縮し髪の毛の成長に必要な酸素や栄養分が毛母細胞まで運ばれなくなります。

 

またダイエットをすると髪の毛に与えられる栄養素がなくなり、髪の毛が育つことができずやがて抜け落ちてしまいます。

 

人が栄養不足に陥った場合、真っ先にその影響が出るのは毛髪や肌です。これは、直接生命維持に関与しない毛髪や肌は栄養素が届く順番としては後回しにされるからです。

 

つまり、髪の毛が育つためには十分な栄養素が必要なのです。

 

ストレス解消

P

女性は仕事や人間関係、環境の変化、結婚、妊娠、出産などさまざまな場面でストレスを抱えることが多く、ストレスを溜め込まないようにリラックスできる方法を取り入れる工夫も大切です。

 

ストレスを完全になくす生活は難しいですが、工夫次第でこのストレスを軽減させることはできます。

 

適度な運動などもストレスを発散させるにはよい方法です。自分の好きな時間を作り、リラックスできる時間をもうけるなどストレスを溜め込まない生活を心がけましょう。

 

規則正しい食生活

後回しにされがちですが、非常に大切なのが生活習慣を正すことです。

 

髪の毛が育つための栄養が行き渡らなければ人と同じで髪の毛も成長することはできません。しっかりと栄養を届けるためにも食生活、睡眠時間、シャンプーの方法を見直しましょう。

 

夜22時〜2時は特に成長ホルモンが分泌され、細胞の代謝が活発になります。髪の毛の成長にはこの成長ホルモンがしっかりと分泌されることが重要です。

 

1日3食取る

P

アンバランスな食事や好き嫌い、食欲不振は薄毛の原因になります。1日3食摂ることが薄毛対策の基本です。

 

理想は30品目を摂取することですが忙しい方の場合、なかなかすべての栄養素を摂ることは難しいです。その場合、サプリメントで栄養素を摂取するのもよいでしょう。

 

髪の毛によいと言われている食材は「タンパク質」「海藻類」「ビタミンE・B群」「亜鉛」です。

 

逆に薄毛になりやすい料理は塩分濃度が高いもの、脂っこい料理などが挙げられます。塩分濃度が高いものは肝機能を低下し、血流が悪くなる原因になります。

 

また脂っこい料理は頭皮の毛穴に皮脂がつまりやすく、育毛を阻害します。

 

夜更かしをしない

P

人は夜寝ている間に成長ホルモンが分泌され、細胞代謝が活発になり髪の毛が成長します。

 

しかしこの間に寝ていない場合、髪の毛の成長を阻害してしまう可能性があります。特に夜の22時〜2時には成長ホルモンが分泌される時間なので、遅くとも0時には寝るようにしましょう。

 

過度のヘアケアは避ける

P

カラーリングは髪の毛のメラニン色素を破壊し、内側に染料を入れていきます。髪はもちろん、頭皮にも負担が大きく薄毛の原因になります。

 

ヘアスプレーなどのスタイリング剤には薄毛につながる界面活性剤が含まれ、界面活性剤は髪の元となるタンパク質を壊す働きと頭皮の毛穴を塞いで毛穴を詰まらせてしまいます。

 

少なくとも2ヶ月の間隔はあけるようにしましょう。

 

 

 

どれも特別難しいことではありません。日々の頭皮への心がけが非常に大切ということです。

 

髪の毛は女性にとって命です。ヘアスタイルが違えば印象も異なってきます。いつまでも若く美しくいるためにも若々しい髪を目指しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ